STREET NIGHT AT OF SAILING~ROSE航海、そして未来へ

普段のブログはもちろんのこと、雑談や小説・詩(すべてオリジナル)を更新中。 但し、小説と詩は不定期更新になります。

Archive [2012年01月 ] 記事一覧

妄想ストーリーその19

7-3:婚約者、来店3日後、由佳とともにお店に来た沙奈は晃と親しそうに話している女性を見かけた。「いらっしゃい!!」「晃、いる?」「今さ、接客中だよ?」「それでもいいよ、彼女がいたってさ~」「由佳!!」「沙奈ちゃんは?」「啓一朗さんはいますか?頼まれたものを持ってきたから」「今来るから奥の席まで案内するよ」「亮さんったら」亮二は沙奈を奥の席まで案内した。「すぐ来るから、何か頼む?」「じゃあ~お任せ...

妄想ストーリーその18

7-2:引っ越し2週間後、啓一朗はそれまで住んでいたマンションから新しいマンションに引っ越した。沙奈も休日を取って(実を言うと部長から頼まれたのだ)荷造りをしていた。「悪いな。忙しいのに」「本当はね、でも・・・」「親父か?」「うん・・・」「全く、後で話しておくよ」「実はね、仕事はそんなに多忙じゃないの。決算が終わったから」「そっか。」荷物をトラックに積み込むと、先に行って貰った。「お店から遠いんじ...

妄想ストーリーその17

7-1:彼女の決意1年後~祖父が急死してからもうすぐ1周忌になる。遺産の8割と不動産などを相続した沙奈はその手続きで会社と役所の往復の日々が続いた。店については由紀に相続したことを報告した。「そっか、なら安心だな」店のカウンターで由紀と話していると、夏男がやってきた。「沙奈ちゃん、大変だったわね?」「両親が色々と嫌みを言われて。そこは伯父達が喝をして貰ったから」「あの実家はどうするの?」「それなん...

妄想ストーリーその16

6-5:祖父の死を乗り越えて~49日法要祖父の死から4日目。沙奈は実家にいる。遺品の整理を三枝から頼まれたのだ、会社は1週間の忌引き扱いをしている。「書類関係は三枝さんにお願いして見よう」作業が終わったのが夕方近かった。「沙奈さん、如何ですか?」「書類関係が多いですね?」「そうですね。社長はいつも思っていたのではないでしょうか。もちろん沙奈さんのことも」「うん・・・」「水瀬さん、今回は色々とお手伝...

妄想ストーリーその15

6-4:祖父の死新年を迎え、沙奈はこれまで以上に仕事をしていた。もちろん合間をぬってお店にも顔を出すが・・・・「沙奈っち、疲れてない?」「ええ、祖父の病状が一進一退なんです。」「お店には?」「ここ2週間は行ってませんね。由佳は毎日行ってますけど」「全く・・・」仕事が終わるとまっすぐ病院に行き、祖父と面会した。ちょうど叔母も来ていた。「沙奈ちゃん」「おじい様、どうですか?」「相変わらずだわ。」「そう...

妄想ストーリーその14

6-3:実家にて年末、沙奈は祖父の家に帰って来た。秘書の三枝が出迎えてくれた。「お帰りなさい」「只今。お元気でしたか?」「そうですね?昨年の夏に来た以来だから・・・」「夕方にはみなさん集まりますから、それまでお部屋でお待ちください」自室に入ると、少し寛いだ。「懐かしいな・・・・あれ?電話・・・」携帯の着信が鳴ったので取ってみた。「はい、香田です・・・・啓一朗さん?」「実家に帰るって話したからな。」...

妄想ストーリーその13

6-2:年末年始はトラブル?12月中旬。会社では年末年始の会議が行われている。「今回は時間がかかるね?」「各部署全体のだから結構意見があるんじゃないかしら?」「藤ちゃんはどうするの?」「出来たら実家に帰ろうかな?母から電話が来て『一度帰ってきたら?』って」「私は友達とスキー旅行。まあ~決まったらの話。由佳は?」「私は~カウントダウンパーティーに行くの。沙奈もだよね?」「え?私は祖父の所に行くんだけ...

妄想ストーリーその12

5-5の続き先に皆からのプレゼントを開けた。中身は小さなブーケ、カードも入っていた。文面にはこう書かれていた。『いつもお店に来てくれて有難う!!スタッフから心からのプレゼントです。またのご来店、お待ちしてます。~Dream Shinranスタッフ一同より』「可愛いですね?」「ここに来ている皆にってことで配ってたんだ」「飾っておきますね?これも?」「ああ、これは個人的だから」沙奈はもう一つの箱を開け...

妄想ストーリーその11

5-5:旅行の後・・・・3泊4日の慰安旅行後、沙奈と由佳はいつものように仕事をしていた。由佳は携帯でメールチェックをしていた。一方、沙奈は旅行中に作成した報告書を栗原に確認していた。「これでいいわ。旅行中に頼んでしまって」「大丈夫です、旅行中はゆっくりと体を休むことが出来ましたし。」「そうね。じゃあ、書類を水瀬部長に出すようにね」「はい」それから上司に書類を提出すると「息子から聞いた。告白されたそ...

妄想ストーリーその10

まずは、続きから行きます。それから次のに参りますね。5-4の続き。 テラスに行くと風が涼しい。酔った体を冷やすにはちょうど良かった。「沙奈さん」「どうしたんですか?」「そのドレス、似合ってるな」「・・・有難うございます。色が落ち着いてるから良かったです」「そっか。」「それで・・・お話って?」「明日、自由行動だが・・・どうする?」「散歩しようかと思って。ここ最近、残業であまり休めてないんです。少し歩...

妄想ストーリーその9

5-4:立食パーティースタッフと顧客45人が現地に着いたのが午後17時頃。既に幹事役の晃と亮が皆を待っていた。沙奈たちも現地に着き、部屋割を説明したのだ。「ええと、君たちの部屋だけど3人部屋と1人部屋に分けたから見ておいてね」「分かったわ。あの子も来てるの?」「まあね。遅れるって連絡が来たから」「遅刻は良くねえっての!!」「亮二、その辺にしておけ」「啓ちゃん。遅かったね?」「電車の事故でな。なんと...

妄想ストーリーその8

5-2:打合せその日は公休日。沙奈は前日啓一朗から連絡を貰い、駅前に来ていた。「時間までは早すぎたかな?」時計を見ると約束の時間まで10分前。すると、1台の車が沙奈の前を通った。「待たせたな。」「いいえ、早く来たので・・・」「じゃあ、行こうか?」「あの・・・・どこへ?」「自宅マンションだが、都合は悪いのか?」「い・いいえ。ちょっと、男性の家に行くのは初めてなので」「そっか・・・・大丈夫だ、部屋が広...

妄想ストーリーその7

5:慰安旅行1.8月、会社のお盆休みを各部署で決めていた。「予定としては8月9日~8月18日になるが、もしかしたら短くなるかもしれない。決定したら報告する」「部長?これは仮決定で構いませんね?」「流石は栗原さん。分かってますね?」「そこで皆さんに夏休みを決めて貰うわ。出来るだけ重ならないように」経理部の皆は早速決めていた。ただ、沙奈は悩んでいた。「沙奈?」「あ、済みません。まだ決めていないので・・...

妄想ストーリーその6

4の続き晃がオークションに出したいという依頼を受けた沙奈は社内にオークションに詳しい人と話していた。彼は奥田礼二、沙奈と同期で現在は企画課に所属。「佐久間が?」「はい・・・会社のお金で車や時計を・・・・それで受け取った本人がどうしても売りたいと」「相手がホストだと女性は気に入られようとプレゼントを渡す・・・俺はそんなの嫌いだからね?香田さんなら話が分かるし。」「私も行ってますよ?ホストクラブ。でも...

妄想ストーリーその5

4:店内で・・・・7月下旬。沙奈はアイスクリーム人数分を差し入れに店に向かった。金曜日の夕方のこと。「沙奈ちゃん!!」「お久しぶりです」「もう~来ないかと思ったわ。どうしたの?」「会社でトラブルがあって・・・。」「そうなの。啓一郎が心配してのよ?」「これ、差し入れです。良かったら皆さんで」「まあ~有難う。」「よっ!!全然来なかったな?」「ちょっと会社で色々とありまして、お店には来れなかったんです」...

これまで掲載した作品について

ども、今やっている作業は以前アメーバで掲載した小説をこちら(FC2)にて移動作業を行ってます。20話あたりからずれてしまい、一応37話まで書いてます。このほか企画や詩もこちらで全部移動してますので無断での転載は禁止です。これを全部移動(簡単に言えばコピーペーストぐらいしか・・・)当面は啓ちゃんのブログと両方で更新しますね。ちなみにブログスキンはバラの花です。by:ROSE...

妄想ストーリーその4

3の続き「でもさ、友達に立て替えるなんて酷くない?」「育て方に間違いがあるんです。」そこへ零と啓一朗がやってきた。どうやら悩んでいることは一緒だった。「晃、なんで他の客と話してんだ?」「零ちゃん、違うよ?彼女は由佳ちゃんの代理で来て貰ったの!!啓ちゃんも信じてよ」「まあ、考えてることは同じだな。君も悪かったな」「いいえ。それで、ちょっと由佳のことで皆さんにお話があります。」「そうだな。じゃあ、向こ...

妄想ストーリーその3

3:トラブル、発生~友人、雲隠れ 7月、夏の賞与シーズンを前にいつものように仕事をする。そこへ先輩社員の遠藤が沙奈の所に来た。「香田さん、佐久間さんが来ていないけど?」「私も朝から連絡をしているのですが・・・繋がらなくて」「全く、先月末からじゃないの!!部長!!」「佐久間君には頭が上がりませんね?今月は4回も欠勤してますから」「ねえ?彼女、ホストクラブに行ってるんでしょ?」「ええ、一緒に行ってます...

妄想ストーリーその2

1の続き翌日、沙奈は早めに会社に出勤した。今日は大事な会議があるので準備をしていた。沙奈だけではなく、先輩社員と由佳も一緒だ。「佐久間、あんた何時に帰ったの?」「え~11時ですよ?沙奈は先に帰るし~」「当り前でしょ!」「あんた、週にどれくらい行ってるの?」「週に?4回。昨日は沙奈も誘ったんだけどさ、カウンターだもん」「香田、そうなの?」「はい。その方が落ち着くので。途中で部長から連絡があったから」...

イケ学妄想ストーリー

これから書くお話は、仕事中に浮かんだものをアップすることにしました。完全オリジナル作品です、執筆者は私庄司嘉那名義になります。キャラは全員ホストです、梅さんはバーデンダー、由紀さんは店長です。そんな感じで書いていこうと思います。Story-1:初めて行く、ホストクラブ神蘭市内にはいくつかの繁華街があり、そこには何点かのクラブやホストクラブがある。その中でも若いホスト達がいるお店がある、その名前は「...

初めまして

どうも、初めまして。今までアメーバの方でブログを更新してましたが、ログイン出来なくて・・・そこでですが試しにこちらでFC2のブログをお借りして更新することになりました。うまくいけばアメーバにお引っ越しできると思いますので宜しくお願いしますね。by:ROSE...

左サイドMenu

プロフィール

SANASPRING

Author:SANASPRING
ようこそ。

このブログは普段のブログはそうですが、小説や詩を書いています。。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="11b313d7.f132a74c.11b313d8.e769fade";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR