STREET NIGHT AT OF SAILING~ROSE航海、そして未来へ

普段のブログはもちろんのこと、雑談や小説・詩(すべてオリジナル)を更新中。 但し、小説と詩は不定期更新になります。

Archive [2012年02月 ] 記事一覧

久々の更新~

ども、日付が変わってしまいました。VD企画の方ですが、現在原稿を書いてます。なので出来次第アップします。さて、来月11日で「東日本大震災」から1年になります。企画中ですが、追加としてやってみようと思います。尚、啓ちゃんのブログにも同様の記事をアップする予定です。内容としてはアメーバに書きましたが、それを転送しコメントします。1カ月は続いたと思いますね?まだ復興が済んでいない宮城・福島・岩手・・・・今...

VD企画、開始!!

ども、明日がバレンタインですね?そこで以前のブログで書いたとおり企画を始めます。最初はドラマCDのオリジナルストーリーです。では・・・START!!「1st ミッション~恋人は専属SPから」Written By:庄司 嘉那~前篇~このお話はまだヒロインが来る半年のお話。2人のSPがある場所に赴きます、それがチームの始まり・・・・ 私の名前は東田 早紀、警備部に転属されたのは今から2か月前・・・元の所属は交通課。これからも...

作詩その10

どうも。ROSEですよん。さて、今回のお話の中でヒロインが歌うシーンがあります。それを今から公開します。比較するために2通りの作品をアップします。元のは私が高校2年の頃に書いたものです。その後も2回は書き直してますので、ぐちゃぐちゃです。ってことで今から4年前に加筆修正のを出してから、更に加筆、訂正も含めて書きました。STREET NIGHT~2006ver.~学校の屋上でぼんやりと何かを空をただ見つ...

作詩その9

ユキミさんのブログでイメージが浮かびましたので、作品をアップします。初日の出を見たくてお前とバイクで行った初めて2人で見た朝日は特別なものになるだろう気がついたら・・・自分の上着を隠すようにお前を抱き締めたこれからもずっと一緒にいような・・・もう一度・・・一言言わせてくれ「お前が・・・好きだ。もう・・離さない」改行が多すぎました。これ書いていて恥ずかしかったです。それだけ愛情があると思うのですが・...

作詩その8

No Title秋の海 一人でバイクを走らせる風と共に走り抜けると 嫌なことも忘れるでも・・・最近はあいつを乗せることが多くなった安心・・・するんだ 一緒にいると砂の上を2人で歩きながら 話をした夕暮れ 夕陽を見て・・・決心した「今でも お前のことが・・・・」今、イメージが浮かんだので・・・もう一作品!!No Title君を見たのは 教室に入った時ちょうど お前が転校生として・・・そのときに 一目...

作詩その7

STREET NIGHT~RYO’S 2009Ver学校の屋上で ぼんやり何かを見つめていたただ 青い空を・・・・一体何を求めているのか自分でも 分からないそんな 気がしただけ一人で街を歩いても切なくなるだけSTREET NIGHT 心の中で叫びたい思いSTREET NIGHT 胸が痛くなるよなぜか 人を愛せない摩訶不思議な気持ちの中まるで魔法(マジック)にかけられたこの街に ひたすら一人で走り続けるランナー...

作詩その6

No Title秋が深まる街並み街路樹に 沢山の木々ゆっくりと色づく 葉の色散歩道 歩く人々落ちた葉の上を 踏みしめるまるで絨毯のように 山は何色の色を混ぜた木があるそれが 散り始めるともうすぐ冬の始まりby:R.Takashina(評) 北から紅葉の便りがやってきます。そんな時期ですね?昨日、三沢基地で航空祭があり家族で行ってきました。お昼から飛行ショー(サンダーバード)を見て思いついたので書い...

作詩その5

「好き」という言葉何回も何回も 伝えるごとに胸が痛くなる「愛してる」を耳元で囁かれて耳まで赤くなる一度は離れても また出会う出来たら もう離したくないずっと このままで・・・by:R.Takashina(評)この2つの言葉は普段旦那から言っている台詞です。でも、私から言わないのは恥ずかしいってのもありますけど?文は短いですがこれをもう少し加筆したいと思います。アメーバより転載作品無断転載禁止...

作詩その4

久しぶりに公開します。いや~ずっとイケ学関係が多くて、ネタがなかったのよ?正月にイメージキャラポエムを書いたけどね?~NO TITLE(タイトルは後で付けます)雪が降った朝 街はすっかり 雪化粧になっている山や森も真っ白に染めて うさぎが喜んで跳ねる・・・こんな日に家にいるんなんて 勿体ないよ?たまには 2人で雪景色を見に行きたいな?もちろん 誰も邪魔されないよう・・・・湖には 子どもたちがスケー...

作詩その3

1.屋上へ続く階段いつものように 屋上へ向かう私そこに 彼がいるかもしれない「放課後、屋上で待ってる 話があるんだ」思いきって階段を駆け上る 時々立ち止まって深呼吸をする「もうすぐ 会える・・・・」心臓の鼓動が 早すぎるそれでも 会いたい想いで階段を上る屋上の扉をあけたら そこに彼がいたとりとめのない会話を交わし 笑うそんな彼をずっと 見ていたんだなって突然 目の前が真っ暗になった彼が私を抱きしめ ...

作詩その2

.誰にも渡したくなかった君と出会って 1年が経った最初は慣れない環境で 戸惑うことも何回かあった今ではみんなとうまくいってるでも いつのまにか君の姿を見ることが 多くなった「気がついたら・・・好きになってた」一緒にいると 安心感がある時には喧嘩したり 笑ったり泣いたりそんな君に 好意も持ち続けてた誰にも渡したくない・・・・自分のものに・・・したいからこの手で 抱きとめて決して 離さないように・・・・...

作詩その1

放課後の教室で~『確かに恋だったから』タイトル抜粋放課後の教室 何も 用事もないのに・・・・いつも誰かを 待っている「遅いな・・・・」待っているのは 彼氏皆の中では 大人で兄貴分でとてもシャイな奴そんな彼を好きになった 私休みの日には 一緒に出かけたり勉強したり・・・・「お待たせ 悪かったな」そして お決まりの・・・・そして このまま抱きしめて・・・夕日が二人を照らすように無言でいる・・・「お前が...

バレンタイン小説その5by:イケ学

「チョコレートに想いを込めて~イケメン学園」(後編)Written by:庄司 嘉那ここからはキャラのそれぞれのバレンタインです。ではSTART!! 恵が高熱を出して会社を休むというアクシデントに久美子たちは唖然とした。「あまり休まない恵が・・・」「色々悩んだと思うよ?今日のために・・・・」「美樹は夕方会うと言ってるし、久美は?」「分からない。」「沙奈は?」「今日は用事があるので・・・」 そして、いつものよう...

バレンタイン小説その4by:イケ学

バレンタイン特別ストーリー「チョコレートに想いを込めてby:イケ学」(前)設定:全員会社員です。社長はなんと!由紀さんです。その他:ヒロインは小説の名前を起用してます。で、異様に長いので2つに分けます ここは都内にある、神蘭商事。今日も由紀社長の話から始まった。「お前ら、今日も無駄話をせず仕事に専念しろよ」「久美~どうする?バレンタイン」「榊さん、モテるからな~悩んでる」「百合は?」「今年もあげる...

バレンタイン小説その3

啓:お疲れR:本日3日目を迎えましたこの企画。イケ学の方は内容を変えることにしました。梅:ショートストーリーは時間がかかるのね?R:期待してくれた方、ごめんなさい!!メンバーは変わりませんが、お話が全く違う方向に・・・・啓:どういうことだ?R:一度書きたかったのがあるの。怒らない?啓:内容によるぞ?R:実はね、全員会社員なの。これはショートストーリーが出来なかった場合の次の案として考えたの梅:そうする...

バレンタイン小説その2

「恋人は専属SP~チョコレートに愛を込めて」(中編) 3日後、昴と桂木は先発隊として出発した。後発隊はそら・海司・瑞貴となる。「3人は後からですね?」「ああ、資料は出来てるのか?」「とりあえずは・・・人数分はあります。まだあるかもしれませんので・・・」「今回のは環境会議だよね?そんなにあるの?」「調査をするうちにたくさん出ちゃって・・・・」「会議は14日から始まるらしいから、その前に行っておかないと...

バレンタイン小説

「恋人は専属SP~チョコレートに愛をこめて・・・・」(前)by:庄司 嘉那 2月に入り、SPルームではバレンタインの話題で持ちきりだ。「もうすぐですよね?」「何が?」「何がじゃないって、バレンタインだよ!!」「そう言えばもうすぐですよね?昴さんは毎年たくさん貰ってるし」「そうでもねぇよ。向こうから勝手に・・・」「お早うございます・・・ってあの、みなさん?」「早紀ちゃ~ん、バレンタインのチョコレートが欲...

VD企画、詳細発表!!

おはようです。午後から外出(印刷会社との打ち合わせで中学へ)なので・・・・。恒例の企画について発表します。今年はストーリー2本を執筆します、内容としてはSPはドラマCDから完全オリジナルストーリーをイケ学は今回「恋に落ちた海賊王」と「恋人はキャプテン」のコラボストーリーになります。ちょっと面白いでしょ?3つのゲームがね・・・・キャラ選別はこれからです。SPはヒロイン2名が出ます。さて、まずはSPからドラマ...

妄想ストーリーその36

6-2:軽井沢、到着~救出成功!!金曜日の夕方、沙奈は車を運転していた。昨日、晃の姉から荷物を預かっているので(もちろん医療器具も)それを持って目的地に向かった。本来なら啓一郎も一緒に同行しようとしたが、お店もあるので彼女1人で行くとこにしたのだ。「着いた。晃さん、来ているといいけど・・・」荷物を持って別荘の中に入った(ちなみに別荘の所有者は彼女の祖父名義。沙奈は無条件で立ち入り出来るのです)そし...

新聞の記事から

積雪で足を取られそうになったROSEです。さて、突然の大雪・・・特に下北や上北方・津軽は今も積雪に悩んでます。こちら(八戸)は積もってはいるけど、車を出すときに大変です!!道路もアイスバーンになるし、先週の木曜日なんて会議の帰り下り坂で車が急に滑り出して危うく後ろの車とぶつかるところだったよ。ブレーキをかけたんだけどさ、止まれないし・・・やっと止まったので一度バックして安全を確認してからスーパーに向か...

JB番外編~2人だけの模擬挙式&皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-7の続き(後篇) 皆が部屋に戻った後、啓一朗は沙奈の部屋に来ていた。どうしても自分の気持ちを伝えたかったから。「香田、起きてるか?」「まだ、起きてるけど・・・どうぞ」 中に入ると、ちょうど帰る用意をしていたところだった。「明日は帰るんだな?」「来週はオープンキャンパスでしょ?見つかるといいね」「ああ。」「あの・・・話って何?」「今回の旅行で香田と少し近づいた気がしたんだ・・・」「え?」「それも...

JB番外編~2人だけの模擬挙式&皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-7:2人の気持ち~告白(前) その日の昼過ぎ、今度はまどかの両親が沙奈たちの停まっている旅館を訪れた。「あれ・・・まどかの母親?」「そうみたいだね。梅さんと何か話してるよね?」「あれ?久美に百合・・・」「沙奈、課題は?」「なんとか終わった。で、何してるの?」「今ね、まどかの両親が来てるのよ?」 夏男はこれまでのことを両親に告げた。「学校ではあまり授業には出てませんし、食事当番もいい評価はでてませ...

JB番外編~2人だけの模擬挙式&皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

Sー6:助けた人は・・・なんと!! 3日目の早朝のこと、沙奈は早く目が覚めた。「朝食まで時間があるし、散歩でも行こう」 念のため、携帯を用意すると部屋を出発した。海岸に近い道路を歩くと泳ぎに来ている人もまばら。「う~ん!!勉強前の散歩はいいな~」 更に歩いて行くと、一人の男性がうずくまっていた。どうやら具合が悪いらしい。「あの、大丈夫ですか?」「一応な、ちょっと心臓が悪くてな」 沙奈はあたりを見る...

JB番外編~2人だけの模擬挙式&皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-5:まどかの婚約者、来店。 翌日から沙奈たちは各部屋で勉強をしていた。「数学か・・・1教科だけでよかったかも?」 実は今回の期末考査で数学以外は平均点以上の成績を出した、ただ数学に至っては応用が出来なかったために10点も落としたのだ。「この問題は・・・う~ん、教科書を参考にして・・・」「香田、いるか?」「はい、どうぞ」 中に入ってきたのは啓一朗、どうやら英語のことで相談があったようだ。「どうし...

JB番外編~2人だけの模擬挙式と皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-4:待ちに待った温泉旅行 1週間後、寮生たちが夏休みに入ったので3泊4日の予定で温泉旅行に行くことにした。「沙奈ちゃんは後から行くみたいよ?」「え~!!」「何かあったのかしら?」「香田なら昨日先生から呼ばれてたらしい。」「進路相談かな?」「いいじゃない!!」「げっ!!なんでまどかがいるんだよ!!」「温泉旅行でしょ?私も連れてってよ~部屋も取ってあるんでしょ?」「ってか、あんたの部屋は取ってないの...

JB番外編~2人だけの模擬挙式と皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-3:くじ引きで当たった温泉旅行 その日の夕方、夏男は沙奈と買い物に来ていた。「昨日のロールキャベツ、おいしかったわよ?」「普通は中にひき肉を入れるんですけど・・・時間がなかったのでツナ缶と玉ねぎで・・・」「たまにはいいわよね?」 スーパーで買い物を済ませると、今度は本屋に立ち寄った。「梅さん!!これですか?」「そうそう、この間発売したばかりなのよ。良かった~」「嬉しそうですね?」「沙奈ちゃんは?...

JB番外編~2人だけの挙式と皆で旅行by:水瀬啓一朗バースデー

S-2の続き~ 夕食後、夏男は沙奈の部屋に来ていた。出来あがった写真を渡すため。「沙奈ちゃん、いるかしら?」「どうぞ」 中に入るといつも綺麗にしてある。「先日撮影した写真よ。」「済みません・・・メイクだけでも変わるんですね?」「みんな、見てたのよ?『沙奈は基がいいから化粧しても変わる』って。」「確かに・・・そうですね。」「明日は料理教室よね?」「はい。帰りは遅くなりますが・・・」「そうすると明日はま...

JB番外編~2人だけの模擬挙式とみんなで旅行by:水瀬啓一朗

JB企画番外編  「2人きりの模擬挙式と皆で旅行」 (前)                     by:庄司 嘉那S-1:模擬挙式 春の結婚披露宴が終わって、沙奈は夏輝の車にいた。「え?今・・・何て?」「うん、これから会場に行くんだけど・・・頼まれたんだ。春から」「春兄・・・が?」「会場に着いたら春が用意したドレスを着て写真を撮るようにって」「・・・」「突然のことでびっくりするけど、これは春から沙奈ち...

JBストーリーその4~by:イケ学&ダーリンコラボ

6:挙式、そして・・・・の続き午前10時、式場内の教会で挙式が始まった。沙奈は新郎側の方に座り、春の母親と話をしていた。「今日はありがとうね。受験なのに・・・」「春兄から招待状が来た時はびっくりしましたけど、でも良かったですね?」「未来も喜んでました『お姉ちゃんがうちに来るの楽しみにしてたんだ』ってね」「未来ちゃん、お姉さんが欲しかったんだと思いますよ?だって、上は春兄だし、後は弟がいるし」「そうね...

JBストーリーその3~by:イケ学&ダーリンコラボ

5:結婚式前日春の結婚式前日、沙奈はいつものように学校に行った。しかし、今日は外泊となるので学校からそのまま式場近くのホテルに泊まる。「メンバーと練習時間は少なかったけど、練習の成果が出れば・・・いいかな?」「明日だっけ?ブライダルフェア」「時間は?」「午前10時からだって、9時には出発するって」「沙奈は、行けないんだよね?」「用事があるから・・・」何とかトラブルもなく1日が終わった。教室を出ようとし...

左サイドMenu

プロフィール

SANASPRING

Author:SANASPRING
ようこそ。

このブログは普段のブログはそうですが、小説や詩を書いています。。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="11b313d7.f132a74c.11b313d8.e769fade";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR