STREET NIGHT AT OF SAILING~ROSE航海、そして未来へ

普段のブログはもちろんのこと、雑談や小説・詩(すべてオリジナル)を更新中。 但し、小説と詩は不定期更新になります。

Entries

スペシャルストーリーです!!

ども、ROSEです。
本日は三蔵一行の食いしん坊悟空の誕生日です。なのでこんなお話を書こうと思います・・・・・が!!
実は今週7日が私ROSEの誕生日もあるので3日間は企画をやります。

ではどうぞ!!


ヒロイン設定:私が書く作品のヒロインとは全く設定が違いますので・・・・

名前:藍凛→沙奈(蓬莱)がいる瑞雲院の尼僧。性格はおとなしく寺院の仕事もこなすが天然もあり、そんな彼女が沙奈と共に
慶雲院を訪れたことから悟空との出会い。

短編なので2回に分けます。

「悟空の恋・ヒロインの想い(前)」

「蓬莱様、いらっしゃいますか?」
扉を開けたのは責任者の源笙。どうやら用事があったみたいです。
「どうぞ」
「実は慶雲院の方からですよ?」
「誰かしら・・・・・って三蔵から?」
「まあ~玄奘三蔵様?」
「最近・・・・多いのよね?こっちだって仕事があるのに」
「そう言えば・・・書類、多いわね?」
「押しつけられた、あいつら面倒とか言って・・・・・戻ったら説教よ!!」
「落ち着いてください!!」
「沙奈様、落ち着いてください!!」
咄嗟に止めるのは沙奈の部下で藍凛、沙奈が天竺に行ってる間ここに来ていた新米尼僧。
「藍凛、申し訳ないが瑠璃を呼んできて?」
「はい、源笙様」
 手紙の内容はこちら(慶雲院)に来ることがあったら例のものを持ってきて欲しいのこと。沙奈の部屋には経文に関する資料があり、三蔵が時々借りにくる。最近は八戒も本を借りることが多い。(とは言っても専門書ですが、沙奈はここに来てから時間があると
街まで書店巡りをする)
「どうした?おいおい、なんだ~これ。」
「瑠璃、お前は知っていますか?」
「どうやら環奈たちです、今先輩たちが来ます」
「瑠璃、助かる」
「沙奈が倒れたら玄奘様に怒られるんだよ。」
「確かにね・・・・一度倒れて来て貰ったのはいいけど、怒れられた」
「瑠璃、どうした?なんだこれ・・・・源笙様、一体」
「全て蓬莱様にやって欲しい書類ですよ?前回もそれで倒れて医師から『あまり無理をしないように』と」
「あいつら・・・・お仕置きだな?」
と言ったのは沙奈の先輩尼僧の礼。後から来たのは花蓮。」
「藍凛、大変だったな?」
「沙奈様を怒らせたらハリセンでお仕置きなんです」
「沙奈、気持ちは分かる。ここは根源を使っておけばいい。源笙様・・・・」
「いいでしょう。」
「花蓮、ごめんね」
「分かってるって、いつ?」
「明日の午後かな?藍凛も連れて行くから。」

後編に続きます。



~報告~
昨日から復帰しました。
まだまだ体調の方も完全ではありません、何とか出勤日を15日以上を目標に頑張ります。
しばらくは通院しながらの出勤となります。
あと、もう一つ・・・・・長男が高校入試再募集で合格しました。8日が入学式です。
併せて報告します。


by:ROSE
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

SANASPRING

Author:SANASPRING
ようこそ。

このブログは普段のブログはそうですが、小説や詩を書いています。。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="11b313d7.f132a74c.11b313d8.e769fade";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR