STREET NIGHT AT OF SAILING~ROSE航海、そして未来へ

普段のブログはもちろんのこと、雑談や小説・詩(すべてオリジナル)を更新中。 但し、小説と詩は不定期更新になります。

Entries

コラボ企画(4)

ども。
更新が遅れて申し訳ない!!

後半の続きです。

後半のあらすじ・・・

滞在2日目の午前中、2人の元に警視庁の3人が毛利を訪問。
本人不在のため、八戒が対応するが三蔵がコナンに連絡をしていることからコナンが高木に説明。
そこで2人に知恵をということだったのだ。


「実は一昨日に起きた殺人事件についてですが、写真を見て毛利さんにお願いしようと思ったんです」
三蔵は何枚かの現場写真を見ていた。
「三蔵?どうしました?」
「いや、この場所・・・俺たちが来ていたのと似ていてな?」
「本当ですか!!」
「ええ。実は現場近くに上田さんのお宅に行ってたんです。娘さんに頼まれて」
「で、何しに?」
「これを取りに行ったんだ。書類をな」
三蔵はその時の事を話した。鍵は本人から預かったこと。家族には内密にしていたことも話した。
「もしかして・・・沙奈さんのこと?」
「御存知ですか?」
「上田さんと言えば父親がお寺を統括する方と聞いたわ。お婆様が長安にいるって」
「母親は?」
「教育ママのようね?兄弟は・・・兄と姉がいて母親は長女のみ可愛がって長男と沙奈さんは当時父方の本家の方に見て貰ったって・・・父親はそれを遺憾に思い2人を引き取ったらしいわ。自宅はそのままだったし」
「そうだったんですか・・・沙奈さんにそんな事情が」
「本人は今どこにいますかな?」
「長安にある瑞雲時にいる。彼女は17歳で三蔵法師の位を賜ってる・・・祖母の遺志を受けてな・・・」
「安心しました。それが心配だったから・・・沙奈さんとは何回か事件現場にいたことがあって仲が良かったの」
「玄奘さん?」
「三蔵?」
「いや、写真から見てたんだが・・・逃走した車が似ていた気が・・・」
「そう言えば僕たちが彼女の家に行っていた時もでしたね?それじゃないでしょうか?」
目暮はこの2人が目撃した車の情報を聞き出し高木に依頼した。
「滞在中、申し訳なかったな?」
「いいえ。」
「問題ない。こっちも調べて報告しておく、コナン君には了解を得てる」
「分かりました。でも・・・」
「何か?」
「いいえ。拳銃をお持ちなので・・」
「三蔵?」
「これはただの銃ではない。本来は妖怪退治に使うものだここでは使わない」
「妖怪?」
「2年まえにな。」

刑事たちが帰った後、PCを使って調べていた。すると証拠が出てきた、どうやらこの付近で事件は起きていた。
現場には行ってないが車を見ていたので目撃者扱いになった。
「これはコナン君に聞いてみますか?」
「帰宅したら聞いてみる。後は・・・土産でも買っていくかな?
「明日には帰国しますからね?」
夕方近く、コナンが帰宅。早速事件の事を説明した。
「犯人は見つかってないんだね?」
「捜査中のことだ」
「そうか・・・これが写真?」
「こちらでコピーしたんですが・・・分かりますか?」
「沙奈お姉ちゃんの付近か・・・殺されたのは27歳の女性、争いした形跡もなし・・・車で轢いてるひき逃げか」
「そうなりますか」
「多分ね。この後予定とかある?」
「お土産を買おうと思って三蔵と相談してたんです」
「じゃあ~蘭姉ちゃんが帰ったら行ってみようよ」
「早くですか?」
「試験前で部活がないんだって。家事もするから試験勉強が・・・ね」
「八戒、滞在したお礼に見てあげたらどうだ?」
「そのつもりです。これでも先生ですからね?」
その後、蘭が帰宅したのでお土産を買いつつ現場付近を行くことに
「そうだったんですか?」
「刑事さんが来たのは予定外でしたが」
「お茶とかは?」
「俺が淹れた、事前に沙奈から特訓を受けたからな」
4人は現場を見てたが途中で光彦たちに遭遇!!
「お前ら!!」
「コナン君、ずるいですよ?一人で行くなんて」
「あ・あのな!!」
「この子たちは?」
「コナン君のクラスメートです。」
「珍しいですね?」
向こうでは・・・
「コナン君、どうして蘭お姉さんと?」
「これには訳があって・・・」
「江戸川君、来客って聞いたけど、もしかして・・・」
「違うって!!中国からの来客なんだ。1人はお坊さんだけど?」
「普通お坊さんって法衣姿じゃないですか?なんで普段着?」
「そうだぞ!!」
これにはコナンがピンチに
「(ブログマスターに助けるか・・・ROSE、こいつらに説明してくれ)」
どこからか天の声が・・・
「これは?」
「ああ、あいつだな?」
『まったくお前らね!!まあ、いいっか。探偵団の皆に説明するから聞けよ?』
「ROSEさん、お願いします」
『昨年、コナン・蘭ちゃん・小五郎さんの3人を長安に派遣したのは私、ROSEなんだよ?お互いのアニメが20年だってことや最遊記のアニメ化に伴い行って貰った。今回は三蔵・八戒の2人を日本に招待したのだよ』
「でしたら僕たちに紹介しても」
『お忍びで来日してる。ある人の依頼だからな、なのでキャラもコナンと蘭ちゃんのみにした。探偵団の皆や園子が来たのは計算外
来てしまったのは仕方ないが・・・その代わり八戒さんに勉強を見て貰うよう頼んだ。但し、厳しいから覚悟しておくように』
「ええ~!!」
「ROSEさん、信用してもいいのね?」
『問題ない。本来なら4人着て貰う予定だったが、悟浄が女性好き・悟空が大食いで食費が増えるから2人にした。哀ちゃんが黒の組織に対して不安もある。彼らは信用できる。なら本人たちに聞くといい』
「分かったわ」
それから大人数で捜査をする事に・・・

時間をおいて更新します。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

SANASPRING

Author:SANASPRING
ようこそ。

このブログは普段のブログはそうですが、小説や詩を書いています。。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="11b313d7.f132a74c.11b313d8.e769fade";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR