STREET NIGHT AT OF SAILING~ROSE航海、そして未来へ

普段のブログはもちろんのこと、雑談や小説・詩(すべてオリジナル)を更新中。 但し、小説と詩は不定期更新になります。

Entries

アメーバブログ開設2周年記念企画その1

ブログ開設2周年記念作品



「交差する2人~イケメン学園&マフィアなダーリンコラボ小説」





Inter mission!!



これから執筆する作品はある雑談から生まれたものです。(まあ~私と梅さんがさりげなく話をしてたんだけどね?)

今回は2つの組がある組をやっつけます。相手は由紀さん率いる冴島組だし・・・



ではどうぞ!お話は全部で6つの予定です。





1:ヒロインとの出会い



3月下旬、ここは冴島組。関東の中ではNo1の組。で、何やら騒がしい・・・



「ほら!!自分の部屋くらいちゃんと掃除しなさい!!」

「別にいいだろ!!掃除なんてよ~!!」

「佑?明日から高校生でしょ?」

「梅さん、こっちの荷物運び終わったが・・・」

「お疲れ様。後は本人が来るだけね?」

「夏男、組長代理は?」

「駅まで迎えに行ってるわよ?妹さんをね」

「へぇ~由紀ちゃんって妹、居るんだ?かわいいだろうな~」

「晃が言うと、ムッツリ」

「零が言うと余計つらい・・・」

そこへ由紀が1人の女の子と一緒に帰ってきた。

「お帰り」

「只今、ちょっと遅くなったな。沙奈、入れ」

「うん・・・」

「夏男、妹の沙奈だ。」

「宜しくお願いします」

「こちらこそ。私は梅咲夏男よ、みんなは『梅さん』とか『夏男』って呼ばれてるけどね?沙奈ちゃんは普通に呼んでもらえばいいわ」

「はい」

「部屋に案内すっから」

由紀は沙奈の部屋に案内した。

「急だったからあまり物がないんだが・・・徐々に揃えていくから」

「兄さん・・・」

「制服はクローゼットの中だ。」

「代理、いますか?」

「啓一朗か、なんだ?」

「注文してたベットが届いてるんですが、どうしますか?」

「運んできてくれ。」

「分かりました。部屋はこちらです」



 夕食時、夏男は改めて紹介された。

「冴島沙奈ちゃん、由紀の妹よ。4月から佑と同じ高校に行くことになったからみんな、仲良くね」

「冴島沙奈です。兄がいつもお世話になってます。宜しくお願いします」

「じゃあ~簡単に自己紹介ね?」

「俺は龍海亮二だ、宜しくな」

「吾妻佑です、4月から一緒に学校に行こうな。俺は啓一朗の舎弟だから」

「藤堂零です。ここでは規則があるからちゃんと守ってれば大丈夫だ」

「榊あきらです。沙奈ちゃん、仲良くしようね?」

「は・はあ・・・・」

「水瀬啓一朗です。組の中ではNO2の位置にいる、普段は代理の仕事を任されている。」

「啓一朗は俺の代わりにやってくれるから助かる」

「兄さん、ちゃんと大学に行ってる?」

「ちゃんと行ってるさ。3年だしな」

「お父さん・・・心配してるから」

「親父、元気か?」

「3月に離婚したって。で、元の『冴島』に戻ったから」

「ってことは・・・復帰か?」

「分からない。おじいちゃんに了解を取るっていうし」

「あら?お父様、復帰なさるの?」

「未定だがな。沙奈がこっちに来てるし、正式になると儀式もやらなくてはいけないからな」




2章へ・・・

アメーバより転載作品

無断転載禁止

オリジナル執筆者:庄司 嘉那
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

SANASPRING

Author:SANASPRING
ようこそ。

このブログは普段のブログはそうですが、小説や詩を書いています。。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="11b313d7.f132a74c.11b313d8.e769fade";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR